Beauveria bassiana製剤(NBL-2)のナミハダニに対する防除効果

Beauveria bassiana製剤(NBL-2)のナミハダニに対する防除効果

レコードナンバー770793論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名増田 俊雄
宮田 將秀
樋口 俊男
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ57号, p.171-173(2006-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (169KB) 
抄録ポット植えのインゲンマメを用いてBeauveria bassiana製剤NBL-2のナミハダニに対する防除効果を検討した。その結果、1×10(6)分生子/ml散布区、1×10(7)分生子/ml散布区では、対照区(水)に比較して密度抑制が認められたものの、散布後にナミハダニ数が増加し、防除効果は不十分であった。一方、1×10(8)分生子/ml散布区ではナミハダニ数の増加は認められず、高い防除効果を示した。同時に発生したミカンキイロアザミウマに対しては、各散布区で密度度抑制効果が認められ、とくに1×10(7)分生子/ml散布区と1×10(8)分生子/ml散布区で防除効果が高かった。
索引語ナミハダニ;防除効果;Beauveria bassiana製剤;植え;インゲンマメ;検討;ミカンキイロアザミウマ;散布;密度;抑制効果
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat