リンゴ園におけるアブラムシ類の発生消長と寄生蜂の構成

リンゴ園におけるアブラムシ類の発生消長と寄生蜂の構成

レコードナンバー770806論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名繁原 智子
高梨 祐明
豊島 真吾
新井 朋徳
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ57号, p.211-214(2006-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (241KB) 
抄録果樹研究所リンゴ研究部の試験研究圃場(岩手県盛岡市)において、2004年および2005年にリンゴ台木ミツバカイドウおよびその周囲に群生するシロクローバに発生したアブラムシ類の発生消長を調べた。またアブラムシ類の寄生蜂を種または属まで同定した。ミツバカイドウにおけるアブラムシ類の発生量は6月中旬にピークとなり、主要5種のうちユキヤナギアブラムシの発生量が最も多かった。シロクローバではAcyrthosiphon属の種およびマメアブラムシが発生した。寄生蜂の属構成はアブラムシの種間ならびにミツバカイドウとシロクローバの間で顕著に異なった。ユキヤナギアブラムシの寄生蜂としてEphedrus plagiator、E. nacheri、Lipolexis gracilis、ニホンアブラバチLysiphlebus japonicus およびAphelinus spiraecolaeが採集された。
索引語寄生蜂;アブラムシ類;シロクローバ;発生消長;発生;種;ミツバカイドウ;発生量;ユキヤナギアブラムシ;属
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat