タイにおけるネッタイシマカおよびネッタイイエカの殺虫剤抵抗性

タイにおけるネッタイシマカおよびネッタイイエカの殺虫剤抵抗性

レコードナンバー770841論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名Thanispong K.
Sathantriphop S.
Chareonviriyaphap T.
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ33巻・ 4号, p.351-356(2008-11)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (414KB) 
抄録タイのネッタイシマカ9系統について殺虫剤感受性を調べた。本害虫はDDTとペルメトリンに強い抵抗性を示したが、Chiang Mai系統だけはペルメトリン感受性であった。多くの系統はデルタメトリンとアルファシペルメトリンに感受性で、BangkokとNonthaburiの系統はそれぞれデルタメトリンとアルファシペルメトリンに弱い抵抗性を示した。マラチオンとプロポキスルに対する感受性はさまざまで、SatunとNonthaburiの系統はマラチオンには完全な感受性を示した。ネッタイイエカ3系統の殺虫剤感受性も調べた。DDTには強く、ペルメトリンには中程度の抵抗性を示した。BangkokとNonthaburiの系統はマラチオンとプロポキスルに感受性であった。Pathum Thani系統は両化合物に弱い抵抗性を示した。結論として、デルタメトリンとアルファシペルメトリンはデング熱病防除には有効で、マラチオンとプロポキスルはネッタイイエカ防除のための代替的な殺虫剤となると考えた。
索引語感受性;抵抗性;マラチオン;タイ;アルファシペルメトリン;Nonthaburi;プロポキスル;ペルメトリン;デルタメトリン;殺虫剤感受性
引用文献数36
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat