数種pH条件下におけるイマザメタベンズの酸化物表面での加水分解

数種pH条件下におけるイマザメタベンズの酸化物表面での加水分解

レコードナンバー770845論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名Joo J.H.
Eberlein C.V.
Morra M.J.
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ33巻・ 4号, p.376-382(2008-11)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (472KB) 
抄録イマザメタベンズの除草活性発現には、加水分解に伴うイマザメタベンズ酸の生成が必要である。イマザメタベンズ酸の酸化物への吸着は、除草活性の持続性に影響を及ぼす。酸化物の有無の条件におけるイマザメタベンズの加水分解およびイマザメタベンズ酸の酸化物への吸着について、酸化アルミニウム(Al2O3)、針鉄鉱、アモルファスシリカおよび鋭錐石(アナターゼ)を用いて、種々のpHで調べた。酸化物が存在しない溶液中での加水分解速度は一次式に従った。加水分解速度はpHの上昇に伴って速くなり、pHに関して対数線形の関係を示した。酸化物を含む溶液中での加水分解も一次式に従った。ある種の酸化物ではあるpHで加水分解速度が速くなったが、速度の上昇には、酸化物よりもpHが非常に大きな役割を持っていた。生成したイマザメタベンズ酸の酸化物への吸着は、pHの上昇に伴って低下した。pH 5.0では酸のAl2O3への吸着は生成した酸全量の44%であったが、pH 8.0では6%であった。
索引語酸化物;加水分解;イマザメタベンズ;吸着;酸;イマザメタベンズ酸;加水分解速度;上昇;溶液中;一次式
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat