lVM液に添加するグルコースがブタ卵母細胞の核成熟ならびにATP量に及ぼす影響

lVM液に添加するグルコースがブタ卵母細胞の核成熟ならびにATP量に及ぼす影響

レコードナンバー770913論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名續木 靖浩
宇賀神 真弓
芦澤 幸二
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ25巻・ 3号, p.172-176(2008-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (299KB) 
抄録IVM液へのグルコース添加が、卵丘細胞の付着するブタ卵母細胞(COs)や剥離した卵母細胞(DOs)の核成熟ならびにATP量に及ぼす影響について検討した。様々な濃度のグルコース(0.00、2.78、5.55、11.10、16.65mM)を添加してCOsをIVMさせると、M-II期への核成熟は2.78mM区が対照の0.00mM区に対して有意に高くなった(p<0.05)。次にCOsとDOsを、2.78mMグルコースを添加あるいは無添加の状態でIVMさせると、DOsはCOsと同様に、グルコース添加区が無添加区に対してM-II期への核成熟が有意に高くなった(p<0.05)。しかしATP量では、COs、DOsともに、2.78mMグルコースを添加する区の値は、無添加区のものと同様になった。以上の結果から、IVMへのグルコース添加は、ATP量を変動させることなくブタ卵母細胞の核成熟を促進させるものと考えられた。
索引語核成熟;COs;ATP量;ブタ卵母細胞;添加;グルコース;DOs;影響;グルコース添加;無添加区
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat