ホシガレイ人工種苗の筋肉寄生微胞子虫

ホシガレイ人工種苗の筋肉寄生微胞子虫

レコードナンバー770919論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名横山 博
横山 文彦
章 晋勇
鶴岡 幸太
小川 和夫
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ43巻・ 4号, p.137-143(2008-12)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (1413KB) 
抄録ホシガレイ人工種苗の体側筋肉に多数のシストを形成する微胞子虫が検出された。発病は7月中旬から9月末に起こり、累積死亡率は約20%に達した。体表が凸凹を呈する病徴はブリやマダイのべこ病に類似していたが、病巣周囲の出血など相違点も観察された。ホシガレイの微胞子虫(Microsporidium sp. SH)はブリやマダイ寄生の近縁種と比べて胞子のサイズがやや小さかったが、明瞭な差ではなかった。一方、rDNA配列から別種であることが示唆された。
索引語ホシガレイ人工種苗;微胞子虫;ブリ;筋肉寄生微胞子虫;胞子;マダイ;ホシガレイ;体側筋肉;多数;シスト
引用文献数10
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat