ニホンウナギとヨーロッパウナギの単生類シュードダクチロギルス寄生に対する感受性の比較

ニホンウナギとヨーロッパウナギの単生類シュードダクチロギルス寄生に対する感受性の比較

レコードナンバー770920論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名方 建平
白樫 正
小川 和夫
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ43巻・ 4号, p.144-151(2008-12)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (557KB) 
抄録ニホンウナギとヨーロッパウナギにPseudodactylogyrusbiniとP. anguillaeの孵化幼生を暴露した。その結果、2種の寄生虫はヨーロッパウナギにより多く寄生した。曝露後3週以降に寄生虫の成熟・産卵によって出現した次世代の寄生虫もヨーロッパウナギに多く寄生していた。また、いずれの寄生虫もヨーロッパウナギの鯉弁上のほうが速く成長した。以上のことから、本来の宿主ではないヨーロッパウナギのほうがP. biniとP. anguillaeの寄生に対して感受性が高いことが実験的に示された。
索引語ヨーロッパウナギ;寄生虫;ニホンウナギ;感受性;寄生;anguillae;bini;単生類シュードダクチロギルス寄生;比較;Pseudodactylogyrusbini
引用文献数19
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat