飼育条件の早期改善によるヒラメのエドワジエラ症死亡率の低下

飼育条件の早期改善によるヒラメのエドワジエラ症死亡率の低下

レコードナンバー770923論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名宮崎 統五
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ43巻・ 4号, p.164-166(2008-12)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (241KB) 
抄録ヒラメ集団中にEdwardsiella tardaを接種したヒラメを同居させ、生体防御能および血液性状を測定し、集団にエドワジエラ症が拡大したと判断した。死亡が発生する前の時点で、密度を1/3に下げて換水率を3倍にした飼育条件下に集団の一部を移した。この群の累積死亡率は、死亡発生後に飼育条件を同様に改善した群および飼育条件を変えなかった群のそれより有意に低かった。エドワジエラ症の流行を病気が顕在化する前の早期に発見し、飼育条件を改善することで被害を低減できると考えられた。
索引語飼育条件;群;ヒラメ;エドワジエラ症;改善;Edwardsiella tarda;換水率;飼育条件下;早期;早期改善
引用文献数6
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat