リンゴわい化栽培におけるドリフト低減ノズルを用いたスピードスプレーヤの散布条件が薬液到達性と病害虫防除効果に及ぼす影響

リンゴわい化栽培におけるドリフト低減ノズルを用いたスピードスプレーヤの散布条件が薬液到達性と病害虫防除効果に及ぼす影響

レコードナンバー771099論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名小野 浩司
田村 博明
鈴木 敏男
猫塚 修一
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ59号, p.210-216(2008-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (759KB) 
抄録わい性台樹のリンゴ半密植栽培園において、スピードスプレーヤに各種ノズルを装着し、ノズルと散布風量などの組み合わせ条件が、リンゴ樹体への薬液到達性、圃場外へのドリフト状況、病害虫の防除効果に及ぼす影響を検討した。その結果、DLコーンノズルと試作ノズルの両ドリフト低減ノズルは、圃場外へのドリフトが少なく、慣行ノズルよりやや効果は劣るものの、風量600m3/minの条件で、薬液到達性、病害虫防除効果のいずれからも実用可能であると判断された。
索引語薬液到達性;スピードスプレーヤ;病害虫防除効果;影響;ノズル;効果;条件;いずれか;リンゴわい化栽培;ドリフト低減ノズル
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat