紅麹菌(Monascus anka AHU9085)の色素生産性に及ぼす窒素源の効果

紅麹菌(Monascus anka AHU9085)の色素生産性に及ぼす窒素源の効果

レコードナンバー771116論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名高橋 真美
松本 孝
森高 初惠
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ62巻・ 1号, p.19-23(2009-02)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (407KB) 
抄録Monascus anka AHU9085の色素生産性の向上を目的として、5種類の窒素源(ペプトン、L-アスパラギン酸、硫酸アンモニウム、モノグルタミン酸ナトリウム、硝酸カリウム)が色素生産性に及ぼす影響を検討した。5種類の窒素源のいずれも、濃度を0.3%にした場合、0.03%の場合よりも色素生産性は増大し、0.3%ペプトンにおいて黄色系色素および赤色系色素の色素生産性が最大になった。さらに、ペプトンにL-アスパラギン酸を添加した場合、ペプトン単独の場合に比べて黄色系色素および赤色系色素の色素生産性がともに増加し、1.0%ペプトンに0.3%L-アスパラギン酸を組み合わせた場合に最も色素生産性が増加した。黄色系色素に対する赤色系色素の生産割合が最も高かったのはペプトンに0.3%MSGを添加した場合であった。HPLC分析の結果から、増加した主要色素はmonascorubrin、rubropunctatin、monascin、ankaflavinであると推定された。
索引語色素生産性;ペプトン;窒素源;アスパラギン酸;黄色系色素;赤色系色素;増加;anka;Monascus;場合
引用文献数33
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat