筋電位計測による若年者と高齢者の漬物咀嚼特性解析

筋電位計測による若年者と高齢者の漬物咀嚼特性解析

レコードナンバー771130論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名大山 高裕
阿久津 智美
伊藤 和子
渡邊 恒夫
神山 かおる
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ56巻・ 1号, p.14-19(2009-01)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (494KB) 
抄録若年者と高齢者の漬物咀嚼の違いについて、咀嚼筋筋電位計測により検討を行った。その結果、若年者と高齢者では咀嚼回数、咀嚼時間、咀嚼周期、筋電位振幅、筋活動量、咀嚼音で違いが認められ、両者の咀嚼に違いがみられることが示唆された。また、各漬物試料の咀嚼特性値を比較し、漬物の咀嚼特性の違いを確認した。中でもたくあんは特に咀嚼負担のかかる漬物であることがわかった。筋活動量の経時的な変化に関する検討結果からは、若年者では初期から後期にかけて咀嚼の変化が起きていたが、高齢者では若年者ほどの筋活動量の急激な変化はみられず、若年者と高齢者で咀嚼過程に違いがあることが示唆された。また、咀嚼音の経時変化は筋活動量の変化と近い変化を示し、若年者と高齢者の咀嚼活動の違いを表していると考えられた。
索引語若年者;高齢者;違い;変化;筋活動量;咀嚼;漬物;咀嚼音;示唆;咀嚼周期
引用文献数31
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat