サケ中骨のカルシウム吸収に対する加工方法の影響

サケ中骨のカルシウム吸収に対する加工方法の影響

レコードナンバー771149論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名秋野 雅樹
蛯谷 幸司
今村 琢磨
内山 智幸
松嶋 景一郎
原 博
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ56巻・ 3号, p.155-162(2009-03)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (529KB) 
抄録本研究において、我々は、中骨の食用化への利用を図るため、中骨のCa素材を開発し、ラットでのCa出納実験よりその消化吸収性を評価した。実験1において、Ca吸収は、FSBP群よりUSBP群で有意な高値が認められ、超微細化処理された中骨Ca素材がCa吸収を改善する効果が確認された。実験2において、Ca吸収は、USBP群よりSR-USBP群で有意な高値が認められ、骨タンパク質を含有した中骨Ca素材がCa吸収亢進作用を有することが示唆された。また、実験を通して超微細化サケ中骨粉末が、特級試薬レベルの炭酸カルシウムと比較しても遜色のない優れたCa素材であることが明らかとなった。
索引語Ca吸収;中骨;Ca素材;USBP群;高値;中骨Ca素材;実験;微細化サケ中骨粉末;サケ中骨;カルシウム吸収
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat