交流高電界による液状食品の殺菌技術の開発

交流高電界による液状食品の殺菌技術の開発

レコードナンバー771166論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名植村 邦彦
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ9巻・ 4号, p.221-228(2008-12)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (512KB) 
抄録食品の安全性の向上ならびに賞味期限の延長のために、食品中の微生物を殺菌する目的で、加熱処理が行われている。しかしながら、芽胞を殺菌する加熱処理は、同時に香気成分や栄養成分の損失を引き起こすことが問題である。そこで、我々は食品原料の鮮度を保ちつつ液状食品中の耐熱性微生物芽胞を効率的に殺菌することが可能な交流高電界(HEF-AC)技術を開発した。
索引語殺菌;交流高電界;開発;加熱処理;食品の安全性;液状食品;殺菌技術;食品中;微生物;芽胞
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat