イグサ廃棄物

イグサ廃棄物

レコードナンバー771170論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
論文副題Rhizopus属によるグルコアミラーゼ生産用基質への利用
著者名福田 翼
佐藤 貴裕
石野 靖浩
堤 一代
森田 洋
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ9巻・ 4号, p.261-270(2008-12)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (707KB) 
抄録近年、イグサの廃棄量の増加に伴い、イグサ廃棄物の新規利用法の開発が望まれている。イグサは調湿性などの性質を有し、カビの生育に適している。一方、グルコアミラーゼは食品工業などで利用されており、有用である。著者らは、これらのイグサ廃棄物のRhizopus属によるグルコアミラーゼ生産用基質としての利用を検討した。使用菌株は、高グルコアミラーゼ生産菌株であったR. cohniiを用いた。イグサ培地を用いた際、1034 U/(g substrate)を示した。このイグサ培地に有機窒素源、特に酵母エキスを添加した場合、グルコアミラーゼ生産が約3倍増大した。この時、プロテアーゼの生産が阻害されていた。グルコアミラーゼの生澱粉分解部位は、プロテアーゼの存在により切断されることが知られている。その結果、生澱粉分解能が増大する結果となった。さらに、R. cohniiにおけるイグサ廃棄物の形状の違い(1 cm長にカットしたサンプル、ハニカム構造を維持した微粉砕したサンプル、ハニカム構造を破壊したサンプル)によるグルコアミラーゼ生産への影響を調査した。その結果、ハニカム構造を維持した微粉砕サンプルが最も高い活性を示し、9204 U/(g substrate)であった。イグサ廃棄物、ゴザ廃棄物および従来のグルコアミラーゼ生産で利用されている小麦フスマでの生産性を比較した結果、ほぼ同等の生産性を示した。以上より、有機窒素源の添加およびイグサの形状を考慮することイグサ廃棄物のグルコアミラーゼ生産基質への応用は可能であることが示唆された。
索引語イグサ廃棄物;イグサ;利用;substrate;グルコアミラーゼ生産;サンプル;ハニカム構造;グルコアミラーゼ;Rhizopus属;グルコアミラーゼ生産用基質
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat