生鮮ワカメの鮮度に与える酸素の影響

生鮮ワカメの鮮度に与える酸素の影響

レコードナンバー771174論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名木下 康宣
吉岡 武也
宮崎 俊一
加藤 早苗
今野 久仁彦
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ9巻・ 4号, p.297-302(2008-12)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (1583KB) 
抄録褐藻類のワカメは、加熱することによって褐色から緑色へと変化する。この特性は、貯蔵時間の経過に伴い徐々に失われる。加熱前後の葉体の反射スペクトルを測定した結果、加熱前の生鮮ワカメは580 nmに最大反射率を示す波長が存在したが、加熱後は560 nmへと変化することがわかった。そこで、この波長の変化を評価することにより、酸素がワカメの鮮度に与える影響を検討した。その結果、酸素ガス中で貯蔵することによって、加熱により波長が変化する期間が長く保たれることがわかった。貯蔵温度が低い場合もまた、同様の効果を示した。これらの結果は、酸素ガスに呼吸のような生理活動に基づいておこるワカメの鮮度低下を抑制する効果があることを示している。以上より、酸素ガス中での貯蔵は、生鮮ワカメの鮮度保持に有効であることが明らかとなった。
索引語生鮮ワカメ;ワカメ;変化;酸素;波長;鮮度;影響;結果;酸素ガス中;効果
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat