キクシュ一トの水あげと生け水の物理的特性との関係

キクシュ一トの水あげと生け水の物理的特性との関係

レコードナンバー771352論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名土井 元章
釣賀 美帆
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ8巻・ 2号, p.235-241(2009-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (592KB) 
抄録キク(Dendranthema grandiflora(Ramat.)Kitamura)‘神馬’のシュートセグメントを用い、湯あげや生け水への界面活性剤の添加による水あげについて、生け水の物理的特性との関係を検討した。相対湿度を100%近くとし温度を0〜40℃にかえて水あげを行ったところ、高温ほど新鮮重の回復が早くなった。水あげ開始6時間目の新鮮重(y)と生け水の動粘度(x)との関係は有意に直線回帰(y=-3.86x+103.10、R(2)=0.92**)され、同時刻までの吸水量(y)とは反比例の関係〔y=10.36x/(-0.28+x)、R(2)=0.94**〕にあった。これらの実験結果から、切り花による吸水は部分的にはハーゲン・ポワズイユの法則から説明することができ、湯あげによる吸水促進効果は水の動粘度の低下が通導抵抗の低下をもたらしていることに起因していることが示された。生け水ヘポリオキシエチレン(7)ラウリルエーテルや「新グラミン」のような界面活性剤を添加したところ、低温下でも新鮮重の回復が速やかとなった。これらの界面活性剤を添加した生け水の表面張力は脱塩水の半分近くにまで大きく低下し、このことが導管内へ入った水のマトリックポテンシャルの上昇を介して水あげを促進しているのではないかと考えられた。
索引語水;水あげ;新鮮重;関係;界面活性剤;物理的特性;回復;吸水;Dendranthema grandiflora;相対湿度
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat