鉄資材のコーティングが湛水直播水稲の出芽・苗立ちに及ぼす影響

鉄資材のコーティングが湛水直播水稲の出芽・苗立ちに及ぼす影響

レコードナンバー771370論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
論文副題酸素発生資材との比較
著者名古畑 昌巳
帖佐 直
松村 修
湯川 智行
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ78巻・ 2号, p.170-179(2009-04)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (721KB) 
抄録寒冷地においてエアーアシスト条播機と鉄コーティング種子を利用した直播栽培法を確立する目的で、湛水直播栽培における鉄コーティング種子の防鳥効果とその要因について検討し、湛水土中播種条件における鉄コーティング種子の出芽・苗立ち特性を催芽種子および過酸化カルシウムコーティング種子と比較した。鉄コーティング種子は、圃場条件において過酸化カルシウムコーティング種子に比べて防鳥効果があることが確認された。この要因の一つとして、鉄コーティング種子表面の色差は、過酸化カルシウムコーティング種子に比べてL*値(明度)が小さく、酸化に伴ってa*値とb*値が大きくなる(赤みと黄みが増す)ことによって土壌表面と似た色となるため、鳥害が生じにくいことが示唆された。一方、鉄コーティング種子は過酸化カルシウムコーティング種子に比べて低温条件や播種深が深くなるのに伴って出芽・苗立ちが遅れ、出芽・苗立ち率は低下して初期生育量が小さくなることが示唆された。以上の結果、鉄コーティング種子を利用する場合には表面播種とし、寒冷地では出芽・苗立ちを早進化させる技術の導入が必要であると考えられた。
索引語苗立ち;鉄コーティング種子;出芽;過酸化カルシウムコーティング種子;防鳥効果;コーティング種子;コーティング;湛水直播水稲;比較;利用
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat