養蚕農家で発生した不結繭蚕の原因解明

養蚕農家で発生した不結繭蚕の原因解明

レコードナンバー771416論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003601NACSIS書誌IDAA1158833X
著者名小川 ひとみ
代田 丈志
岩永 将司
川崎 秀樹
書誌名大日本蚕糸会研究報告
別誌名Journal of Dainippon Silk Foundation
大日本蚕糸会研究報告
発行元大日本蚕糸会
巻号,ページ56号, p.15-21(2008-12)ISSN
全文表示PDFファイル (877KB) 
抄録平成18年に茨城県及び栃木県の養蚕農家で原因不明の不結繭蚕が発生した。この出現原因の追跡を行い、発生経路を明らかにした。まず、不結繭蚕が発症した養蚕農家の共通点として、家畜の堆肥を桑園に施用していることが判明した。そこで、家畜舎ではハエなどの防除に昆虫成長制御(IGR)剤が用いられていることから該当養蚕農家の堆肥にIGR剤が含まれているのではないかと仮説を立て追求した。市販されている幼若ホルモン(JH)剤・脱皮阻害剤・キチン合成阻害剤、該当養蚕農家に残存していた堆肥を桑葉に塗布し、カイコ最終齢幼虫に継続的に摂食させた。その結果、JH剤と堆肥処理区から永続幼虫や不結繭蚕が出現した。一方でキチン合成阻害剤を処理したものでは正常に結繭を行なったが、幼虫期には体色の褐色化が見られ蛹化形成は阻害された。また、脱皮阻害剤で処理を行なったものでは異常は見られず結繭した。この結果を受けて検証を行なった結果、養蚕農家で生じた不結繭蚕は、最終齢幼虫の盛食後期に1.0ppm〜10.0ppmのJHA剤またはJH類縁化合物を含有している堆肥が桑葉に付着し一部のカイコが摂食したことに起因するものと結論づけた。
索引語不結繭蚕;養蚕農家;堆肥;該当養蚕農家;キチン合成阻害剤;発生;剤;脱皮阻害剤;結果;桑葉
引用文献数3
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat