ハタ科交雑魚アカマダラハタEpinephelus fuscoguttatus×タマカイE. lanceolatusの卵発生と仔魚の発育

ハタ科交雑魚アカマダラハタEpinephelus fuscoguttatus×タマカイE. lanceolatusの卵発生と仔魚の発育

レコードナンバー771474論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名Ch'ng C.L.
瀬尾 重治
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ56巻・ 4号, p.505-512(2008-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (772KB) 
抄録ハタ科交雑魚類アカマダラハタEpinephelus fuscoguttatus×タマカイE. lanceolatus(TGGG)の種苗生産技術を確立するため、卵発生と仔魚の発育を観察した。体重8.2kgの雌のアカマダラハタから搾出た卵は、直径0.84±0.03mm(平均±標準偏差)で、1g当たりの卵数は2,588であった。雄のタマカイの精液による受精後、卵は卵膜から水分を吸収し、球形となった。卵の油球は、直径が0.21±0.01mmであった。水温28.5℃、塩分30pptで、受精後18-19時間に孵化した。受精率および孵化率はそれぞれ86.8%および87.2%であった。孵化仔魚は、他のEpinephelus属としばしば同様の発育を示した。孵化直後の仔魚は全長2.00±0.30mmであり、水面直下で静止状態であった。孵化後仔魚の初期に大量斃死があり、生残率は孵化後15日から安定した。孵化後30日から浮遊生活から底性生活への移行を開始した。324,000尾の孵化仔魚から、1,753尾の稚魚(孵化後30日、平均全長22.5±2.7mm)を生産した。
索引語Epinephelus;孵化仔魚;卵;ハタ科;交雑;魚;仔魚;受精;孵化;球形
引用文献数15
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat