エドワジェラ症の感染方法がマダイPagrus major体内の原因菌の動態に及ぼす影響

エドワジェラ症の感染方法がマダイPagrus major体内の原因菌の動態に及ぼす影響

レコードナンバー771479論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名黒原 健朗
木村 喜洋
関口 洋介
川合 , 研兒
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ56巻・ 4号, p.551-558(2008-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (474KB) 
抄録マダイエドワジェラ症の実験感染後の菌動態を調べるため、腹腔内注射法および浸漬法で43.3-121.7gのマダイを感染させ、体内における菌動態を調べた。まず12日間経時的に生魚を取り上げ、平板塗抹法により血液、肝臓、脾臓および腸の生菌数を測定した。つぎに、両感染法での死魚と生魚における脾臓の菌数および内容物が浸漬感染後の腸における菌数変動に及ぼす影響について比較検討した。その結果、血液、肝臓および脾臓の生菌数は両法で類似した変動を示し、肝臓および脾臓では概ね4-6日後に最高値に達した。しかし、菌数の最大値は浸漬法で高く、本疾病に特徴的な脾臓の結節様小白点も同感染法で多く認められた。腸では両感染法で菌動態が異なり、腹腔内注射法では他臓器と同様の変動を示したのに対し、浸漬法では感染1/24日後に10(8.34)-10(8.45)CFU/g前後の高い値を示した後に検出限界(10(3.26)CFU/g)以下を経て再び10(6.13)-10(8.03)CFU/gまで上昇した。また、この変動は腸内容物の影響を受けなかった。累積死亡率は浸漬法で継続的な上昇を示し、3日以後の死魚と生魚における脾臓の菌数の差も同感染法で小さかった。以上の結果から、浸漬法は腹腔内注射法よりも養殖現場での発生状況を反映しており、本疾病の実験感染法として適していると判断された。
索引語脾臓;菌数;変動;浸漬法;影響;腸;菌動態;腹腔内注射法;生魚;肝臓
引用文献数13
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat