魚類養殖業の現状と課題

魚類養殖業の現状と課題

レコードナンバー771513論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名小野 征一郎
中原 尚知
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ57巻・ 1号, p.149-164(2009-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (1463KB) 
抄録水産基本計画は、(1)消費者に信頼される養殖生産、(2)養殖生産物の需給の安定、(3)総合的・効率的漁場利用、の3点を魚類養殖業の課題に掲げる。過剰生産が内在化する魚類養殖業の生産調整・構造再編をすすめ、「経済的秩序」を達成する筋道は容易に見出せない。本論は1〜4で斯業の現状を分析し、「規模の利益」=スケールメリットの成立の立証・再確認により、ファミリー・ファーマー=漁家ではなく企業経営が経済的基軸をしめることを解明する。その上にたって魚類養殖業の課題を論じ(5)、企業経営を中核とする生産者組織=業種別組織を築くことを主張する。締めくくりとして、6において漁家を基盤とする漁協の主導性と経済的基軸をしめる企業の地位とのズレ、すなわち漁業法・水協法体制に基づく現行の漁業制度と経済的実態の乖離が大きく、後者=実態にあわせた前者=制度の手直し・修正を、特定区画漁業権の改正を提言する。水産基本計画に即せばほぼ、(1)(2)に3・4が、(3)に1・2・5・6が対応する。
索引語魚類養殖業;課題;現状;水産基本計画;企業経営;経済的基軸;漁家;企業;養殖生産;消費者
引用文献数38
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat