ホッケ凍結粉砕肉を用いた給食用加工品の開発

ホッケ凍結粉砕肉を用いた給食用加工品の開発

レコードナンバー771675論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20013954NACSIS書誌IDAA11906752
著者名角 勇悦
中村 靖人
長根 幸人
山日 達道
書誌名青森県ふるさと食品研究センター研究報告 = Report of Aomori Prefectural Local Food Research Center
発行元青森県ふるさと食品研究センター
巻号,ページ6号, p.21-27(2009-01)ISSN13490400
全文表示PDFファイル (964KB) 
抄録1.凍結粉砕肉の製造にあたって、従来の製造工程からヒレ除去、開き、水気除去の3工程を削減した改良工程で製造することにより、作業量が三割程度軽減され、加工歩留りも13.6%向上した。2.ホッケ骨ごとハンバーグを使って試食アンケートを行った結果、小学生には好評であり、特に低学年では約90%の生徒がおいしいと答えた。中学生では、一部の生徒に不評であったが、骨の粒度を細かくし、香辛料の添加量を調整することで改善可能である。
索引語製造;生徒;ホッケ凍結粉砕肉;給食用加工品;開発;骨;凍結粉砕肉;製造工程;ヒレ除去;水気除去
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat