ウスメバルの体色保持試験

ウスメバルの体色保持試験

レコードナンバー771678論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20013954NACSIS書誌IDAA11906752
著者名白板 孝朗
石川 哲
書誌名青森県ふるさと食品研究センター研究報告 = Report of Aomori Prefectural Local Food Research Center
発行元青森県ふるさと食品研究センター
巻号,ページ6号, p.40-42(2009-01)ISSN13490400
全文表示PDFファイル (661KB) 
抄録1.海水区及び混合水II区では、浸漬水に浸漬する時間が長いほどa*値が向上する傾向がみられたが、混合水I区では浸漬時間による明確な違いは認められなかった。2.浸漬水の違いによってa*値の経時変化は大きく異なったことから、体色変化には浸漬水の塩濃度が関与しているものと推測された。3.混合水II区の浸漬水に釣獲したウスメバルを浸漬することにより、浸漬直後も氷蔵後もウスメバル体色を最も向上させることができ、加えて外観も最も良好であった。しかし、下氷に接触する面の体色については、氷蔵後の時間経過に伴うa*値の低下は避けられないものと思われた。
索引語水;浸漬;時間;体色;経過;ウスメバル;体色保持試験;氷;混合;海水
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat