LC/MS/MSによるプロポリスエキス中のクロラムフェニコール分析

LC/MS/MSによるプロポリスエキス中のクロラムフェニコール分析

レコードナンバー771684論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名望月 直樹
青木 恵理
須賀 啓子
石井 里枝
堀江 正一
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ49巻・ 6号, p.399-402(2008-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (300KB) 
抄録プロポリスエキス(エタノール抽出液)中のクロラムフェニコール(CAP)のLC/MS/MSを用いた分析法を検討した。前処理はプロポリスエキスを精製水で希釈後、塩化ナトリウムを加え塩析を行い、Oasis HLBにて精製を行った。LC条件は逆相カラム(Mightysil RP-18 GP Aqua、2.0mm×150mm、5μm)を用い、移動相は10mmol/L酢酸アンモニウム水溶液-アセトニトリル(75:25)、0.2mL/minのアイソクラティックで行った。MSのイオン化はESIのネガティブモードで行った。本分析法によるプロポリスエキス中CAPの検出限界は0.05ng/g、定量下限は0.15ng/gとなり、0.5ng/gでの回収率は111.2%であった。本分析法を用いて、市販されているプロポリスエキス8検体を分析したところ、すべての検体においてCAPは不検出であった。
索引語LC/MS/MS;プロポリスエキス;CAP;本分析法;精製水;塩化ナトリウム;塩析;Oasis;HLB;GP
引用文献数12
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat