数種の搾汁方式と保蔵温度がシークワシャー果汁の品質安定性に及ぼす影響

数種の搾汁方式と保蔵温度がシークワシャー果汁の品質安定性に及ぼす影響

レコードナンバー771709論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
論文副題ポリメトキシフラボン類およびシネフリンの安定性
著者名宮城 一菜
藤瀬 朋子
古賀 信幸
和田 浩二
矢野 昌充
太田 英明
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ35巻・ 1号, p.3-9(2009-01)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (533KB) 
抄録シークワシャー果汁の保蔵におけるPMF(ノビレチン、タンゲレチン、シネンセチン)、シネフリンなどの機能性成分の安定性を検討するために、シークワシャー果汁中の一般成分および機能性成分の安定性を4か月に亘って調査した。果汁試料は、3種の搾汁方法で調整し、5℃区、20℃区、35℃区の3温度区で保管した。(1)可溶性固形物および酸を除く、PMFやシネフリンなどの調査した成分において、スクリュープレス搾汁機の果汁で成分含量および搾汁率が最も多かった。(2)保蔵温度は、搾汁機の効果と比較して4か月保蔵中におけるPMFとシネフリンの安定性に顕著な影響を与えた。4か月保蔵後の各搾汁機で得られた果汁中の35℃区におけるPMFの残存率は、ノビレチン95.1〜97.3%、タンゲレチン94.6〜97.8%、シネンセチン70.2〜96.2%であった。PMFの変化は5℃区と20℃区では、ほとんどみられず安定していた。また、シネフリンの残存率は4か月保蔵後の35℃区では73.9〜87.4%であった。(3)官能評価では、最も大きな変化がみられた項目は外観であった。総合評価から、遠心分離搾汁機によって搾汁された瓶詰め果汁の賞味期間は、35℃区で約1か月程度、20℃区で3か月程度、5℃区で4か月程度になると見積もられた。
索引語シネフリン;PMF;安定性;シークワシャー果汁;保蔵温度;影響;機能性成分;調査;残存率;変化
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat