クマイザサ葉のフラボノイドとその抗酸化活性

クマイザサ葉のフラボノイドとその抗酸化活性

レコードナンバー771710論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名松田 友彦
山崎 雅夫
矢島 新
冨塚 登
西澤 信
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ35巻・ 1号, p.11-16(2009-01)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (395KB) 
抄録クマイザサ葉の抗酸化成分を探索したところ、酢酸エチル可溶部から3種のフラボノイドを単離した。それらの構造はスペクトルデータからluteolin 6-C-α-L-arabinoside、luteolin 6-C- β-D-glucoside、luteolin 7-O-β-D-glucosideと決定した。これらのDPPHラジカル消去活性およびSOD様活性を測定した結果、luteolin 6-C-β-D-glucosideが最も強い活性を示し、その活性はquercetinより強かった。
索引語luteolin;活性;6-C;D-glucoside;クマイザサ葉;フラボノイド;quercetin;抗酸化活性;抗酸化成分;探索
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat