1-MCP処理がバナナの追熟期における品質変化に及ぼす影響

1-MCP処理がバナナの追熟期における品質変化に及ぼす影響

レコードナンバー771716論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名東條 史明
鈴木 康生
川口 敬太
寺井 弘文
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ35巻・ 2号, p.73-77(2009-03)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (363KB) 
抄録バナナ果実の食味は硬熟期から完熟期にかけて最高となるが、その期間は非常に短い。そこでバナナ果実のこれらの時期における品質保持技術の開発を目指し、1-MCPの処理時期が果実品質変化に及ぼす影響について調査した。緑熟バナナにエチレン処理開始後1、2、3、4および5日に1-MCP処理を行い、暗所下20℃で貯蔵した。なお、1-MCP処理しないものをコントロールとした。エチレン処理開始後2、3、4および5日に1-MCP処理を行った果実はコントロールと同様に正常に黄化した。また、エチレン処理開始後1および2日に1-MCP処理を行った果実では褐色斑点の増大が顕著に抑制された。エチレン処理開始後2日に1-MCP処理を行った果実の果肉硬度は、1-MCP無処理果が硬熟期に達したエチレン処理開始後6日では無処理果と差異は認められなかったが、その後は無処理果に比べて高く維持された。また、エチレン処理開始後2日に1-MCPを処理した果実と1-MCP無処理果の間で可溶性固形物含量の推移に差異は認められなかった。これらのことから、エチレン処理開始後2日の1-MCP処理は負の影響を及ぼすことなくバナナ果実の硬熟期から完熟期にかけての期間を延長することが明らかとなった。
索引語果実;エチレン処理開始;1-MCP処理;影響;完熟期;期間;1-MCP無処理果;無処理果;バナナ果実;1-MCP
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat