非管理状態における市川市雑木林の植生の特徴

非管理状態における市川市雑木林の植生の特徴

レコードナンバー771799論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名山崎 史織
山岸 晶子
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ22巻・ 1号, p.19-28(2009-01)ISSN09150048
全文表示PDFファイル (569KB) 
抄録近年、里山・雑木林は管理されずに放置されているところが多いため、その林床の多くは藪の状態を呈している。市川市北国分にある小塚山公園の雑木林は1977年に植生調査されて以来、またはそれ以前から伐採や下刈りなどの管理がなされていない。この雑木林は1977年にA〜Jの10地点で調査されているが、本調査ではB、E、G、Iの4地点の林分に出現する高木およびその林床に生ずる高木の稚樹や潅木等をマッピングし、樹高や胸高直径などの測定を行った。また、林床の地表30cmでの相対照度(%)を測定し、高木稚樹の分布との関係を考察した。その結果林床の相対照度は大半の場所で1%以下であったが、そのような光環境下で1977年当時にはほとんど出現していなかった常緑の低木・潅木や高木の照葉樹の稚樹が多く出現した。特に種子の供給源となる母樹の存在もあってシラカシ(Quercus myrsinaefolia)の稚樹が最も多く、次にシロダモ(Neolitsea sericea)、タブノキ(Machillus thunbergii)が多く見られた。シラカシとタブノキの稚樹では明るさに対する出現ピークに有意な差が認められ、タブノキはシラカシよりもやや明るいところに多く出現した。この雑木林はこのまま放置されれば、落葉広葉樹の雑木林からシラカシを優占種とする照葉樹林に遷移することが予想された。
索引語稚樹;雑木林;出現;林床;シラカシ;相対照度;高木;タブノキ;放置;多く
引用文献数16
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat