地球環境モデリングの到達点と今後

地球環境モデリングの到達点と今後

レコードナンバー771807論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名増井 利彦
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ22巻・ 2号, p.137-142(2009-03)ISSN09150048
全文表示PDFファイル (373KB) 
抄録地球環境を対象としたモデリングは、統合評価モデルとして環境だけではなく社会・経済活動も含めた広範囲な対象を記述することが求められており、モデリングの基礎となる様々な学問分野の知見と環境政策とのインターフェィスとしての役割が期待されてきた。これまでにもIPCCのSRESをはじめ、MA(ミレニアムエコシステムアセスメント)、UNEP(国連環境計画)のGEO(世界の環境見通し)、OECDの環境見通しなど、将来シナリオを描く際に、環境政策の効果を定量的に評価したり、将来の社会・経済活動と環境変化の間の整合性を確認するために、定量的なモデルは利用されてきた。今後は、個々の学問分野における新たな知見に基づいて、モデルを構成する各部分が改良されるとともに、モデルで表現される社会像と現実社会とのギャップをこれまで以上に埋めることが課題となる。また、問題の複雑さに比例して巨大化・複雑化するモデルはブラックボックスと批判されることもあり、モデルの透明性を高めることが、モデルの環境政策への適用という視点から重要となる。一方、モデリングと一体で行われているシナリオ開発では、IPCC第5次評価報告書に向けた作業が開始されており、様々なモデルの連携や途上国からの情報発信(人材育成を含む)が期待されている。
索引語モデル;モデリング;環境政策;社会;経済活動;学問分野;知見;期待;環境見通し;環境
引用文献数14
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat