スターチス・シヌアータのステージ別培養温度の違いが抽だいおよび収量、切り花品質に及ぼす影響

スターチス・シヌアータのステージ別培養温度の違いが抽だいおよび収量、切り花品質に及ぼす影響

レコードナンバー771839論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
著者名古屋 挙幸
藤岡 唯志
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ10号, p.43-48(2009-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (331KB) 
抄録和歌山県内で育成されたオリジナル品種を用いて、初代培養・継代培養・発根培養のステージ別培養温度の違いが抽だいおよび収量、切り花品質に及ぼす影響を調査した。その結果、すべての供試品種で20℃で培養された期間が長いほど抽だいが早く、需要期である年内から3月までの収量が多くなる傾向が認められ、その傾向は低温要求性の高い品種ほど顕著であった。また、25℃で初代培養から発根培養まで約5ヶ月間培養すると、その後、昼温を25℃、夜温を15℃とした冷房育苗を40〜50日間行っても抽だいが遅れ、収量が減少することが明らかとなった。またこのとき、冷房育苗後の抽だい率を調査することにより、品種の低温要求性を評価できることが明らかとなった。今回供試した品種では、‘紀州ファインイエロー’が低く、‘紀州スター’および‘スイートライラック’が中程度、‘紀州ファインホワイト’および‘ほたる’、‘ティンズブルー’が高いと判断できた。切り花品質は、1〜3月の期間において、25℃で初代培養から発根培養まで約5ヶ月間培養した試験区が他区よりも花房数や分枝数が多くなり、茎径が太くなる傾向が認められた。
索引語抽だい;収量;ステージ別培養温度;切り花品質;期間;低温要求性;傾向;初代培養;発根培養;違い
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat