塩性条件下のトウモロコシおよびヒマワリにおける水とイオンの吸収と輸送

塩性条件下のトウモロコシおよびヒマワリにおける水とイオンの吸収と輸送

レコードナンバー771955論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名安武 大輔
日高 功太
佐合 悠貴
荒木 卓哉
北野 雅治
小林 哲夫
石川 勝美
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ65巻・ 1号, p.19-26(2009-03)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (524KB) 
抄録物理的・生理的過程を通して根圏の塩類化に影響を及ぼす植物の水とイオンの輸送を解析するために、NFT水耕栽培システムを用いて、塩性条件下におけるトウモロコシとヒマワリの根による水とイオンの吸収、蒸散速度、リーフコンダクタンス、根の道管液のイオン濃度、植物体内のイオン含量を計測した。根の吸水速度は、ヒマワリよりトウモロコシにおいて小であり、これは塩ストレスに対する気孔閉鎖がトウモロコシにおいて発生したことに起因する。植物にとって必須元素であるNO3(-)、PO4(3-)、K(+)は、根の能動的および選択的吸収によって道管内に高濃度に集積した。植物の生育に必須でないNa(+)は、トウモロコシにおいてはその導管内と器官内に高い集積は見られず、トウモロコシによるNa+の吸収機能が低いことが分かった。一方、ヒマワリにおいては、水分吸収に伴なって、Na(+)に加えてMg(2+)、Ca(2+)、Cl(-)、SO4(2-)の高い吸収・輸送機能が観察された。以上のように、植物の種間差による水とイオンの輸送機能の差異が認められた。乾燥・半乾燥地域の重要課題である塩類化農地の持続的かつ効果的な管理を行ううえでは、このような植物による輸送機能を考慮に入れることが必要と考える。
索引語植物;水;トウモロコシ;イオン;吸収;ヒマワリ;根;Na(+);輸送;輸送機能
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat