人工衛星データを用いたアラスカ域のクロトウヒ林における長期的な二酸化炭素フラックスの解析

人工衛星データを用いたアラスカ域のクロトウヒ林における長期的な二酸化炭素フラックスの解析

レコードナンバー771958論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名伊達 尚史
植山 雅仁
原薗 芳信
太田 雄二
岩田 徹
山本 晋
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ65巻・ 1号, p.47-60(2009-03)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (1244KB) 
抄録人工衛星から得られた正規化植生指数(NDVI)と全球を対象に整備された気象データ(気温、日射量)を入力として、アラスカ域のクロトウヒ林における二酸化炭素収支量を評価するモデル(Kitamoto et al.、2007)を改良した。新しいモデルには、様々な環境要因による光合成の抑制を再現するスキームが導入され、このモデルにより推定された総一次生産量(GPP)、生態系呼吸量(RE)、純生態系交換量(NEE)は以前のモデルの推定結果と比べて、より精度良く地上の観測結果を再現できていた。また、季節変動も地上観測結果をよく再現した。アラスカ域のクロトウヒ林における1982年から2003年までのGPP、RE、NEEを評価した。これらの値の22年平均値は、それぞれ2,172、2,008、 -164 g CO2/m2/yとなった。モデルの計算結果から、GPPは春の気温に感度が高く、REは夏の気温に感度が高い事が示唆された。したがって、アラスカ地域のクロトウヒ林では、春に昇温する場合は二酸化炭素吸収が増加し、夏に昇温する場合は二酸化炭素吸収が減少する事が示唆された。
索引語モデル;クロトウヒ林;アラスカ域;春;夏;昇温;気温;RE;再現;評価
引用文献数51
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat