寒冷地向け大麦品種「シンジュボシ」の育成とその特性

寒冷地向け大麦品種「シンジュボシ」の育成とその特性

レコードナンバー772044論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010231NACSIS書誌IDAA11655277
著者名吉川 亮
中村 和弘
伊藤 美環子
伊藤 裕之
佐藤 暁子
伊藤 誠治
八田 浩一
中村 洋
星野 次汪
書誌名東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region
別誌名Bulletin of Tohoku Agricultural Research Center
Bulletin of the Tohoku Agricultural Research Center
Bull. Natl. Agric. Res. Cent. Tohoku Reg.
東北農研研報
独立行政法人農業技術研究機構東北農業研究センター研究報告
発行元東北農業研究センター
巻号,ページ110号, p.67-82(2009-03)ISSN13473379
全文表示PDFファイル (1652KB) 
抄録「シンジュボシ」は、1992年5月に東北農業試験場(現・東北農業研究センター)において、渦性、早生・短強稈で炊飯白度の高い「東北皮30号」を母とし、並性で極早生・短強稈の「シュンライ」を父として人工交配を行い、以降集団育種法で選抜・固定を図ってきたものである。2003年2月に皮麦農林36号「シンジュボシ」として命名登録を行った。標準品種の「ミノリムギ」に比較して次のような特徴を持つ。播性はIVで、出穂期、成熟期ともに2日程度早い早生の晩である。稈長は同程度で、穂長はやや短く、穂数は少ない。耐寒雪性と耐倒伏性は同程度のやや強で、耐凍上性は同程度の強である。穂発芽性はやや難である。小さび病、うどんこ病、赤かび病は中で同程度である。収量はやや少ない。千粒重は大きく、リットル重はやや大きい。外観品質は優れる。55%搗精時間はやや短く、55%搗精白度が高く、精麦適性は優れる。精麦のポリフェノール含量はやや低く、炊飯後の褐変が少なくて炊飯白度は高く、炊飯適性が優れる。本品種の栽培適地は、東北・北陸地域の根雪期間80日以下の平坦地である。
索引語シンジュボシ;早生;短強稈;炊飯白度;強;性;東北農業試験場;東北農業研究センター;渦性;並性
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat