ビワ新品種‘涼峰’

ビワ新品種‘涼峰’

レコードナンバー772050論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012291NACSIS書誌IDAN10466780
著者名稗圃 直史
寺井 理治
福田 伸二
富永 由紀子
根角 博久
森田 昭
長門 潤
一瀬 至
佐藤 義彦
浅田 謙介
橋本 基之
中尾 敬
吉田 俊雄
書誌名長崎県果樹試験場研究報告 = Bulletin of the Nagasaki Fruit Tree Experiment Station
発行元長崎県果樹試験場
巻号,ページ11号, p.1-15(2008-12)ISSN
全文表示PDFファイル (1072KB) 
抄録長崎県果樹試験場では、1973年から農林水産省指定試験事業の「びわ育種指定試験地」としてビワの育種を開始し、2007年に早生種の‘涼峰’を育成した。‘涼峰’は1974年に‘楠’に‘茂木’を交雑して得た実生の中から選抜された。1996年から‘ビワ長崎6号’としてビワ第2回系統適応性検定試験に供試し地域適応性を検討した結果、大果で食味の優れる早生種であることが確認され、2005年9月15日に‘涼峰’と命名され「びわ農林5号」として登録された。また、種苗法に基づき2007年3月15日付けで登録番号第15019号として品種登録された。1)樹姿は直立と開張の中間で樹勢はやや強い。枝の発生はやや密である。満開期は年により変動するが概ね12月中旬で、‘長崎早生’より遅く‘茂木’より早い。ビワがんしゅ病には比較的強い。2)育成地の長崎県大村市における成熟期は5月下旬で、同じ早生品種の‘長崎早生’と同時期である。3)果実の大きさは平均56.5gで、‘長崎早生’や‘茂木’よりも大きい。果形は短卵、果皮色は橙黄である。剥皮性は良好である。果汁の糖度は11.4%で‘長崎早生’や‘茂木’と同程度、また、酸含量は0.23g/100mlで両品種より若干低い傾向である。果肉は両品種と比べて軟らかく多汁で、食味は良好である。果皮障害ではへそ黒症および緑斑症は発生しにくいが、そばかす症が発生しやすく、裂果および紫斑症も発生する。
索引語長崎早生;涼峰;茂木;早生種;食味;両品種;実生;満開期;概ね12月中旬;成熟期
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat