山口県育成のユリ新品種の夏秋期栽培法

山口県育成のユリ新品種の夏秋期栽培法

レコードナンバー772061論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016115NACSIS書誌IDAN00243553
著者名加藤 博之
淺田 奈津美
前田 剛
書誌名山口県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Yamaguchi Agricultural Experiment Station
別誌名Bull. Yamagushi Agric. Expt. Stn
山口農試研報
発行元山口県農業試験場
巻号,ページ56号, p.79-84(2007-03)ISSN03889327
全文表示PDFファイル (383KB) 
抄録山口県で育成したユリ新品種について、夏秋期に開花する作型に関する栽培技術について検討した。5℃、6週間以上の球根低温処理で開花が可能であり、品種により多少の早晩はあるが、5月中〜下旬定植で7月下旬〜8月下旬開花、7月中旬の定植で8月下旬〜9月下旬に開花する。使用する球根の大きさは、着蕾数を2〜3輪以上確保するには概ね球周12cm以上が必要である。
索引語ユリ新品種;夏秋期栽培法;開花;夏秋期;品種;多少;定植;蕾数;2〜3輪以上確保;山口県育成
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat