養豚経営における窒素・リン低減化技術の確立(2)

養豚経営における窒素・リン低減化技術の確立(2)

レコードナンバー772109論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021489NACSIS書誌IDAA11392134
著者名岡田 直子
松葉 賢次
甲斐 敬康
書誌名宮崎県畜産試験場試験研究報告 = Bulletin of the Miyazaki Livestock Experiment Station
別誌名Bull. Miyazaki Livestock Exp. Sta
宮崎畜試研報
発行元宮崎県畜産試験場
巻号,ページ21号, p.72-74(2008-12)ISSN09187278
全文表示PDFファイル (187KB) 
抄録「宮崎県方式低コスト浄化処理施設」における窒素低減化技術について検討し、以下の結果が得られた。1.冬季に原水を静置汚泥中に投入することで、処理水中の規制値換算窒素の除去率は、従来の投入方法に比べ、約11%高かった。2.その他の検査項目についても排水基準を下回って推移しており、従来法と同様に適正に処理された。
索引語冬季;静置汚泥;適正;養豚経営;窒素;リン低減化技術;確立;処理;投入;宮崎県方式低コスト浄化処理施設
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat