自発摂餌で飼育した魚の釣られやすさの検討

自発摂餌で飼育した魚の釣られやすさの検討

レコードナンバー772145論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012761NACSIS書誌IDAN10530234
著者名神澤 裕平
垣田 誉志史
小西 浩司
書誌名群馬県水産試験場研究報告
発行元群馬県水産試験場
巻号,ページ13号, p.11-14(2007-03)ISSN13421085
全文表示PDFファイル (1877KB) 
抄録自発摂餌システムとは、魚の学習能力を利用し、魚自身がスイッチを入力して摂餌を行う飼育技術であり、群馬県水産試験場では事業規模でのニジマスOncorhynchus mykissやヤマメOncorhynchus masou masou等の飼育において飼育成績が良好であるとの報告をしている。しかしながら、自発摂餌システムで飼育した魚の特性についての知見は少ない。今回、ヤマメを用いて自発摂餌システムで飼育した魚が通常の給餌で飼育された魚と比較して釣られやすさに違いが出るか検討した。
索引語魚;自発摂餌システム;飼育;やすさ;検討;自発摂餌;学習能力;魚自身;摂餌;飼育技術
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat