ニシキゴイの自発摂餌試験(2)

ニシキゴイの自発摂餌試験(2)

レコードナンバー772152論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012761NACSIS書誌IDAN10530234
著者名鈴木 紘子
佐藤 敦彦
清水 延浩
松井 資元
小暮 泰代
下条 義信
樋ロ 正仁
書誌名群馬県水産試験場研究報告
発行元群馬県水産試験場
巻号,ページ13号, p.35-42(2007-03)ISSN13421085
全文表示PDFファイル (3585KB) 
抄録2004年10月に発生した新潟県中越地震により、甚大な被害を被ったニシキゴイ養殖業界の早期復興のため、限られた数となった養殖池をできる限り高度に利用する「1年に複数回の生産が可能となる飼育管理技術の開発」として、「自発摂餌を用いた人工飼料の給餌方法の改良」の研究を行っている(平成17〜19年度)。平成18年度はニシキゴイの当歳魚を用い、放養後50日前後の高飼育密度における自発摂餌の有効性の検討を行ったので報告する。
索引語自発摂餌試験;ニシキゴイ;新潟県中越地震;ニシキゴイ養殖業界;早期復興;養殖池;高度;飼育管理技術;自発摂餌;人工飼料
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat