福岡湾への窒素・リン負荷量の長期変動について

福岡湾への窒素・リン負荷量の長期変動について

レコードナンバー772170論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名江藤 拓也
片山 幸恵
江崎 恭志
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ19号, p.35-40(2009-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (476KB) 
抄録福岡湾に負荷される窒素・リンの長期的な変動を整理し、湾内への負荷量と湾内の水質、底質環境との関係を検討した。福岡湾への負荷量はT-N(全窒素)は3,362〜6,542t/年の範囲で推移し上昇傾向を、T-P(全リン)で153t〜488t/年の範囲で推移し下降傾向を示し、TN/TP比は25年間で約4倍に増加した。そのうち河川と下水処理場からの負荷が大半を占め、下水処理場のT-Nが増加し、河川及び下水処理場のT-Pが減少したことが原因と考えられた。湾内の水質ではT-Nは横ばいもしくは増加傾向を、T-Pは減少傾向を示し、TN/TP比は約1.5〜2倍に増加し、負荷量の変動とよく対応している。一方、底質とは対応はみられない。負荷量と水質のTN/TP比の変動との関係をみると、強い正の相関がみられ、特に湾奥部で強い。このことから湾内の水質の栄養塩バランスの変化に湾内への負荷量の栄養塩バランスの変化が強く関与していることが示唆された。
索引語T-N;湾内;負荷量;水質;福岡湾;増加;変動;TN/TP比;下水処理場;窒素
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat