清酒醸造用酵母の開発と滋賀県産ブランド清酒の開発

清酒醸造用酵母の開発と滋賀県産ブランド清酒の開発

レコードナンバー772207論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20012426NACSIS書誌IDAA11574084
著者名岡田 俊樹
白井 伸明
書誌名研究報告 = Reports of the Industrial Research Center of Shiga Prefecture
別誌名Report of the Industrial Research Center of Shiga Prefecture
滋賀県工業技術総合センター信楽窯業技術試験場研究報告
工業技術総合センター研究報告
滋賀県工業技術総合センター研究報告
発行元滋賀県工業技術総合センター
巻号,ページ2006年, p.46-50(2007-12)ISSN13439391
全文表示PDFファイル (243KB) 
抄録県内清酒業界の活性化の一つとして、香りや味に特徴を持たせた清酒造りが可能な酵母の取得を目的に清酒醸造用酵母の開発を実施した。これまでに、保存菌株からアルコール耐性、低温耐性(発酵)酵母の選抜や優良酵母の造成のための細胞融合を行い各候補株を得た。次いで取得株の小仕込み試験醸造を実施し、醪発酵期間中の発酵力が高く、醪末期の日本酒度の切れがよい酵母を取得した。さらに、取得株を用いて普通酒、次いで純米中吟醸レベル以上の実地試験醸造を実施したところ2株で良好な結果を得た。
索引語開発;酵母;実施;清酒醸造用酵母;取得;取得株;切れ;滋賀県産ブランド清酒;発酵;県内清酒業界
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat