日本のジーンバンクから見たブータン

日本のジーンバンクから見たブータン

レコードナンバー772215論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名奥泉 久人
Tamang A.
Phuntsho U.
河瀬 眞琴
Vaughan D.A.
友岡 憲彦
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ45巻・ 1-2号, p.67-73(2009-03)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (5140KB) 
抄録日本では、我々の農業生物資源ジーンバンクにおいて、農業分野の遺伝資源について国内外の探索収集、特性評価、保存、配布、情報公開を行っている。2007年に当ジーンバンクとブータン国立生物多様性センター(NBC)との間で協同研究協定(MOU)が締結された。これに基づき、2007年にブータンにおける植物遺伝資源の探索調査を共同で実施した。探索の結果、穀類では野生種2種を含む11種29点を収集した。このうちソルガムは、ブータンのジーンバンクにおけるはじめてのコレクションであった。豆類では、4種の野生種を含む12種67点を収集した。このうちアズキ、ケツルアズキ、ヤブツルアズキ、リョクトウ祖先種は、ブータンにおける初記載であった。以上計23種96点の植物標本及び種子は、それぞれNBC標本室及びNBCジーンバンクに保存した。この探索から、ブータンでは伝統的な生活様式のなかで農業が営まれる一方で、伝統的な在来品種の栽培は減少しつつあることが明らかになった。今後、ブータンの遺伝資源の探索・収集およびその保存・管理について、より緊密な連携を図ることにより、貴重な遺伝資源の効率的な保全と活用が期待される。
索引語ブータン;収集;探索;遺伝資源;日本;ジーンバンク;保存;NBC;農業;野生種
引用文献数8
登録日2011年09月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat