アブラナ科野菜の乳酸発酵によるγ-アミノ酪酸含量とアンジオテンシンI変換酵素阻害能の増強効果

アブラナ科野菜の乳酸発酵によるγ-アミノ酪酸含量とアンジオテンシンI変換酵素阻害能の増強効果

レコードナンバー772227論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名法村 奈保子
小林 元太
小松 豊
前田 稔
牧 哲義
園元 謙二
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ28号, p.11-16(2009-03)ISSN13414593
全文表示PDFファイル (500KB) 
抄録福岡県特産の「三池高菜」等アブラナ科野菜から新しい食品素材を創出するため、アブラナ科野菜の品種を選定するとともに、野菜から分離した植物性乳酸菌でアブラナ科野菜を乳酸発酵し、その発酵液のγ-アミノ酪酸(GABA)含量およびアンジオテンシンI変換酵素(ACE)阻害能について検討した。原料野菜としては、GABAおよびグルタミン酸含量が多く、ACE阻害能が高かった「三池高菜」、「かつお菜」、「山汐菜」の3品種を選定した。野菜より分離した植物性乳酸菌で「三池高菜」、「かつお菜」、「山汐菜」を乳酸発酵し、その発酵液の抗酸化性、GABA含量およびACE阻害能が高かった8菌株を選抜した。8菌株を同定した結果、Lactobacillus brevisが2菌株、Enterococcus gallinarumが2菌株、Enterococcus Asseliflavusが1菌株であった。アブラナ科野菜を選定菌株で乳酸発酵すると、GABA含量およびACE阻害能が高い乳酸発酵液が得られた。これらの乳酸発酵液中のGABAは安定性が高く、30℃で4週間貯蔵しても減少しなかったことから、食品素材として有望であると考えられた。
索引語乳酸発酵;アブラナ科野菜;野菜;三池高菜;ACE阻害能;GABA;発酵液;選定;食品素材;分離
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat