大豆タンパク質の遺伝的改良に関する研究

大豆タンパク質の遺伝的改良に関する研究

レコードナンバー772287論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002846NACSIS書誌IDAA11581884
著者名羽鹿 牧太
書誌名作物研究所研究報告
別誌名Bulletin of the National Institute of Crop Science
作物研報
Bull. Natl. Inst. Crop Sci.
発行元農業技術研究機構作物研究所
巻号,ページ10号, p.21-73(2009-03)ISSN13468480
全文表示PDFファイル (7010KB) 
抄録大豆食品の青臭みは大豆の用途を豆腐などの伝統的食品に限定する要因の一つである。大豆の新たな用途開発に資するために、青臭みの主要因であるリポキシゲナーゼを完全に欠失した品種の育成を行った。「関系2号(L-1・L-3欠失)」と「関系1号(L-2・L-3欠失)」の交配後代にγ線を照射した系統から、種子リポキシゲナーゼを完全に欠失した系統(後の「いちひめ」)を見いだし、この系統が正常に生育し、農業特性が普通大豆と変わらないことを明らかにした。またリポキシゲナーゼ完全欠失系統が普通品種に比較して、豆乳や豆乳デザートヘの加工適性に優れていることを示した。完全欠失系統の遺伝解析から、L-1・L-2間には強連鎖が存在し、完全欠失性が見かけ上L-1・L-2欠失及びL-3欠失の2遺伝子支配であることを明らかにした。一方、カロテン退色反応を利用した簡易選抜法やDNAマーカーを利用した選抜法により完全欠失系統を選抜できることを示した。また大豆の貯蔵タンパク質を改変して新たな用途開発に資するため、大豆の野生種であるツルマメからβ-コングリシニン(7S)を欠失したQT2系統を見いだした。大豆との交雑試験からこの系統が持つ7S欠失性は単一の優性遺伝子(Scg-1)により支配されることを明らかにした。QT2系統や大豆に戻し交雑を行った系統の解析から、Scg-1による7S欠失系統でも正常型とタンパク質含有量が変わらないことから、11Sの増加により7Sの減少分が補われていると考えられた。
索引語大豆;L-3欠失;完全欠失系統;青臭み;用途開発;利用;欠失した品種;交配後代;γ線;照射
引用文献数125
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat