トマトのリコペン抽出に適した溶媒の選択と迅速定量法への応用

トマトのリコペン抽出に適した溶媒の選択と迅速定量法への応用

レコードナンバー772300論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20006215NACSIS書誌IDAA11648748
著者名伊藤 秀和
堀江 秀樹
書誌名野菜茶業研究所研究報告
発行元農業技術研究機構野菜茶業研究所
巻号,ページ8号, p.165-173(2009-03)ISSN13466984
全文表示PDFファイル (454KB) 
抄録トマトのリコペン分析法において、抽出効率の高い溶媒を検討したところ、ジエチルエーテル/メタノール(7:3、容積比)が最も抽出効率が良かった。リコペン標準液は供試したC18カラムにおいてリコペンのピーク面積値割合が異なったので、本成分のピーク面積値割合の高いカラムを使用する必要があった。また、ジエチルエーテル/メタノール(7:3)を抽出溶媒とし、505nmにおける吸収係数3150%-1cm-1を利用する迅速定量法を提案した。HPLCと迅速定量法による定量値の相関係数は0.987(n=32)であった。
索引語迅速定量法;溶媒;トマト;抽出効率;ジエチルエーテル/メタノール;ピーク面積値割合;供試したC18カラム;リコペン抽出;選択;応用
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat