生ゴミと鶏ふんとの混合堆肥化処理時における臭気発生状況

生ゴミと鶏ふんとの混合堆肥化処理時における臭気発生状況

レコードナンバー772326論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032932NACSIS書誌IDAA12258614
著者名高木 良弘
幸野 拓矢
干歳 健一
松田 謙志
太田 均
桑水 郁朗
上原 修一
手塚 博愛
書誌名鹿児島県農業開発総合センター研究報告. 畜産部門 = Bulletin of the Kagoshima Prefectural Institute for Agricultural Development. Livestock industry
別誌名Bull. Kagoshima. Pref. Ins. for Agri. Deve. (Livestock Industry)
鹿児島農総セ研報(畜産)
発行元鹿児島県農業開発総合センター畜産試験場
巻号,ページ3号, p.1-9(2009-03)ISSN18818617
全文表示PDFファイル (706KB) 
抄録生ゴミと家畜ふんとの混合物を堆肥化処理する際に発生する臭気を調査するため、生ゴミを混合する家畜ふん(牛ふんまたは鶏ふん)の違いが臭気発生に及ぼす影響、生ゴミと鶏ふんとの混合物への通気量の違いが臭気発生に及ぼす影響、生ゴミと鶏ふんとの混合物への戻し堆肥混合の有無および堆肥化過程での加水が臭気発生に及ぼす影響について検討した。1.生ゴミと家畜ふんとを混合した時点において、鶏ふんとの混合物の臭気指数は54、牛ふんとの混合物は45であり、これは鶏ふんに由来する臭気であると考えられた。2.強制通気量12.6L/m3/minでの堆肥化では70℃前後の高温状態を維持し、堆積物表面から水分蒸散とともに、水溶性臭気物質の揮散が継続した。3.生ゴミと鶏ふんを堆肥化材料とした戻し堆肥混合の有無による堆積物表面から発生する臭気に差は認められないが、加水処理によりアンモニア濃度及び臭気指数は低下した。
索引語生ゴミ;鶏ふん;混合物;臭気;家畜ふん;臭気発生;影響;混合;発生;牛ふん
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat