拡散法を用いたホルムアルデヒドの発生

拡散法を用いたホルムアルデヒドの発生

レコードナンバー772358論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010775NACSIS書誌IDAN10102048
著者名伊佐治 信一
秋津 裕志
書誌名林産試験場報
別誌名Journal of the Hokkaido Forest Products Research Institute
発行元北海道立林産試験場
巻号,ページ538号, p.11-14(2009-03)ISSN0913140X
全文表示PDFファイル (225KB) 
抄録ホルムアルデヒド濃度低減建材の性能評価では、ppbレベルの濃度でホルムアルデヒドを安定して発生させる装置が必要となる。このため、我々はホルムアルデヒドの発生方法について検討した。細い径の拡散管とパラホルムアルデヒドを用いることにより、非常に遅い拡散速度を得ることができた。キャピラリーの長さ(2、5、10cm)や加熱温度(30、40、50℃)によって、拡散速度は7〜144ng/minの範囲で変化した。
索引語ホルムアルデヒド;発生;拡散速度;キャピラリー;拡散法;濃度;ホルムアルデヒド濃度低減建材;性能評価;ppbレベル;安定
引用文献数11
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat