水田畦畔における草刈りと抑草剤散布の併用によるシバ(Zoysia japonica Steud.)優占植生への誘導

水田畦畔における草刈りと抑草剤散布の併用によるシバ(Zoysia japonica Steud.)優占植生への誘導

レコードナンバー772380論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007678NACSIS書誌IDAA11691179
著者名川西 孝秀
垣内 仁
森本 哲矢
橋本 仁一
小林 正典
書誌名近畿中国四国農業研究 = Kinki Chugoku Shikoku agricultural research
発行元近畿中国四国農業研究協議会
巻号,ページ14号, p.32-36(2009-03)ISSN13476238
全文表示PDFファイル (394KB) 
抄録シバ‘ヒメノ’を被度33.3%で植栽した畦畔法面では、年4回草刈り+年2回抑草剤(ビスピリバックナトリウム塩3%液剤;50ml/a)散布により、慣行の年4回草刈りに比べてシバの被覆速度が速まり、シバ優占植生への誘導が可能であることが明らかになった。シバが被度30%で混在する既存畦畔法面では、年4回草刈り+年2回抑草剤散布により、シバの被度が2年で約80%となり、慣行の年4回草刈りに比べて顕著にシバが優占化することが明らかになった。シバが被度約80%で優占植生となった畦畔では雑草の発生量が少なく、草刈りの回数を慣行の年4回から2回に減らすことができた。また、年2回の草刈りでシバの被度はほぼ維持できることが示唆された。
索引語シバ;草刈り;被度;慣行;水田畦畔;抑草剤散布;Zoysia japonica;Steud;優占植生;誘導
引用文献数26
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat