Mannheimia属菌の野外実態と同定法の確立

Mannheimia属菌の野外実態と同定法の確立

レコードナンバー772448論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20006776NACSIS書誌IDAA11657206
著者名勝田 賢
河本 麻理子
川嶌 健司
三上 修
小野寺 利幸
庄司 智太郎
坪井 孝益
書誌名動物衛生研究所研究報告
発行元農業技術研究機構動物衛生研究所
巻号,ページ115号, p.15-18(2009-01)ISSN13472542
外部リンク
全文表示PDFファイル (913KB) 
抄録Mannheimia属菌の野外分離状況を16S rRNA遺伝子の塩基配列解析により調査した。生化学性状によりM. haemolyticaと同定された133株中31株は,M. haemolytica以外の菌種であった。一方,血清型別試験で血清型が決定された菌株の96.0%がM. haemolyticaであった。他のMannheimia属菌の菌種分類についても,gyrBは16S rRNAに比較して有用な遺伝子と考えられた。本遺伝子を対象にしたMultiplex PCR法による菌種同定法を検討し,良好な結果が得られた。Mannheimia属菌を正確に同定するには,生化学性状試験と血清型別試験に加え,遺伝子配列の比較を行う必要性があると考えられる。
索引語Mannheimia属菌;haemolytica;同定;血清型別試験;遺伝子;野外実態;同定法;確立;菌種;血清型
引用文献数12
登録日2011年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat