馬の喉囊真菌症85例の治療成績

馬の喉囊真菌症85例の治療成績

レコードナンバー772457論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名樋口 徹
秦 秀明
井上 哲
佐藤 正人
扇谷 学
七尾 祐樹
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ62巻・ 1号, p.39-43(2009-01)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (450KB) 
抄録1991年から2006年の16年間に喉囊真菌症と診断したサラブレッド85頭について、治療方法別に予後を比較した。初発症状は、鼻出血が73頭、嚥下障害などの神経麻痺が11頭、膿性鼻漏が1頭であった。治癒率は無治療群で38.5%(5/13)であったのに対し、内視鏡による局所治療、抗真菌剤の全身投与、輸血などの内科治療を行った群では53.8%(7/13)、内頸あるいは外頸動脈の結紮手術を行った群では66.7%(6/9)、内頸動脈結紮にあわせてバルーンカテーテルによる塞栓術を行った群では100.0% (4/4)、内頸動脈結紮とマイクロコイル塞栓術を併用した群では84.8% (39/46)であった。鼻出血を起こした症例では、内頸あるいは外頸動脈の結紮が必要であり、逆流による出血を防ぐ方法としてマイクロコイル塞栓術は実用的かつ効果的な手技であることが示唆された。
索引語群;内頸;年;鼻出血;外頸動脈;内頸動脈結紮;マイクロコイル塞栓術;結紮;出血;馬
引用文献数11
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat