腎機能不全を主徴とした馬のレプトスピラ症

腎機能不全を主徴とした馬のレプトスピラ症

レコードナンバー772481論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名畠添 孝
帆保 誠二
山下 紀幸
小松 耕史
三角 一浩
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ62巻・ 4号, p.303-307(2009-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (390KB) 
抄録長距離輸送直後から発熱に対する治療を繰り返した後、腎機能不全となった1歳馬が、輸送後21日目に動物病院に搬入された。入院初日、可視粘膜充血、白血球数増加、高尿素窒素血症を認め、導尿によって得た尿沈渣および血液の培養液からPCR法で病原性レプトスピラの特異的遺伝子を検出した。輸液(75ml/kg/日)と抗生物質治療(セファゾリンナトリウム50mg/kg/日)を開始し、第11と21病日には、それぞれ白血球数および血中尿素窒素(BUN)は低下・安定化したが、多飲多尿、BUN/クレアチニン比の上昇、高カルシウム低リン血症が持続し、第33病日に安楽殺した。剖検では腎臓の腫大と皮質の慢性炎症を認め、病原体レプトスピラ特異的遺伝子も検出された。腎機能不全を主徴とした馬のレプトスピラ症と診断し、疫学調査の必要性が示唆された。
索引語腎機能不全;主徴;レプトスピラ症;馬;認め;入院初日;可視粘膜充血;白血球数増加;尿素窒素血症;導尿
引用文献数14
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat